20代は睡眠環境に注意してください。

大人になると子供に比べて体力もふえ、ある程度無茶しても少し休めばすぐに回復してしまうので、
あまり睡眠を意識した事がないかもしれません。
仕事をはじめたり、お酒を飲んで遊んだり、夜うちに帰宅する時間も遅くなることでしょう。

 

食事の時間も乱れた生活リズムによって前後することもあるでしょう。
そこで寝る前の食事には気をつけてほしいです。

 

夜遅い時間に食事をとると逆流性胃炎をおこしやすくなります。
寝る前に消化の悪いものを食べると起こりやすくなります。
大人だけでなく子供でもそうです。

 

睡眠中は胃の活動も抑えられてしまうため、朝になっても消化されずに胃の中にあることも。

 

夜中に食事をするのであれば消化のいいものを摂取しておきたいです。
ですが夜はなぜかテンションがあがって元気になってもりもり食べてしまうんですよね。
ここはぐっと、どうせなら食べないほうがいいとも言えます。

 

寝室環境はどうでしょう。
一人身で生活している人にとって寝室環境はそれほどいいものとはいえないでしょう。
簡単に言ってしまえば物置と化している人が多いでしょう。
自分のうちにかえってきたらゆっくりと気持ちを落ち着けて休む体制を作れる環境が望ましいです。
そのためには前章で述べた睡眠環境にいいもの。
たとえばベットの固さ、枕の高さ、パジャマの質などを充実させて、いい睡眠を早くとれるように工夫させた寝室を用意してあげたいですね。

 

埃やカビだらけの布団に寝ないように、寝室はきれいにしておきましょう。

  • 2014/10/09 14:12:09

睡眠サプリメントの採点表