30~50代の睡眠環境は重要。見直しの時期です。

睡眠がうまく行かず気にかけるようになるのがこの時期とも言えます。
30代後半になってくると前日の無理が翌日に現れたり、寝たいと思ってもすぐに眠れなくなったりするのがこの時期です。
30代から睡眠に対して老化現象が始まるとも言えます。

 

日本人は睡眠時間が短いのですが、若いときは効率的に睡眠ができているため乗り切れるのですが、30代以降になると難しくなります。
無理をして睡眠時間をけずっていくとどこかしらに体調不良として現れてしまいます。

 

ちなみに軽い上着を着たい、軽いかばんを持ちたいと思ったら、布団も軽いものに変えたほうがいいとされています。
体力の老化です。
若いときはずっしりした重たい布団をかけても体力があるので負担になりませんが、老化がはじまると急に重さを感じるようになります。そのときは軽い羽毛を使った布団に変えるなどして、体を休ませるようにするといいでしょう。
洋服でカシミアを好むようになったらこの時期とも言われるくらいです。

 

また光や音に敏感になってきます。
45歳以降になると如実に現れます。

 

大学生のように若いときは劣悪な環境でも眠る事ができます。
床に寝そべるだけでも充分だったりしますが、年を取るとそのような環境では熟睡することができなくなります。
寝室環境にお金をかけるようになるのもこの中年層になってからです。
いい睡眠を求め、睡眠にいいものを積極的に取り入れるようになります。

 

中年期は規則正しい生活を送れるように心がけましょう。

  • 2014/10/22 14:16:22

睡眠サプリメントの採点表